So-net無料ブログ作成

電脳網千句第9 賦白何百韻 2折裏  2019.2.1~

bakedtomato.jpg


  田の神の坐(ましま)す水辺幤きよく   月
    笛に太鼓に歌ぞながるる       歳
  ねんごろなまうけ調ふおん館        
    雲のはたてに何ながむらむ      舎
  花かつみ旅の翁の道連れは        衣
    笈に檜の笠杖に矢立も        
  重き荷を背負ひて馬のつぶやかず     香
    風に尋ぬる天地の声         姫
  月うけて忘扇は文殿に          草
    長き学びの夫に秋寂ぶ        月
  大宮に霧たちこむる司召         歳
    いつか定めの船に乗らばや      風
  きのふよりけふみる花の色ふかし     舎
    小さきおよびの先の弥生野      衣      





 




コメント(64)