So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

電脳網千句第9 賦白何百韻 3折裏 2019.2.1~

volbilis1.jpg


  時くれば老木も花をひらかせて         
    笑ひのどかな雛の遊びに         風
  はるかなるいくのの道に東風吹かば      舎
    鳴神となる大臣祀られ          衣
  とどろきにあらがふ身こそもののふと     梯
    諫むる顔の輝やかまほし         香
  巻紙に戯るる猫嗜めて            姫
    ひるがへしゆく墨染の袖         
  走り根のみち鞍馬より貴船へと        月
    鳩ふく声のいづこともなく        歳
  この山の深さを知らぬ昼の月         風
    黒塚らしき影のすさまじ         舎
   



    こはきもの(怖いもの)見たさもひとの情けにて   羽衣
    あだしくもあらん(あだしとも思へ)待てども来ぬ君は 
    人を待つ身をばあだしと言ひ捨てゝ
    口惜しや若きみそらをむざむざと
    なにゆゑに若き血肉(血潮)を欲りたまふ

  





     

 


  このあと

 夢梯→遊香→朝姫→千草→如月→楽歳→梢風→蘭舎→羽衣

 

コメント(46) 

電脳網千句第9 賦白何百韻 3折表 2019.2.1~

DSC07009B.jpg


    
    さわらびのかさねもうれし乙女らに   梯
     さへづりのごと撥ねし笑み声    香
   窓の外は樋つたふ雨のしきりなる     姫
     昔戦のありし川の名         草
   侘助のうつむき咲ける御寺内       月
     僧登り来る坂の底冷え        歳
   読まぬまま文を返すもくちをしく     風
     まつやと告げよ秋のはつ風      舎
   鏡なす月に今宵のうす化粧        衣
     過ぐる車に袖の露おく        梯
   誰しもが煙と消ゆる鳥辺山        歳
     あへなきものと知れば愛しき     姫
   あると見るうつつも夢のうちとこそ    草
     はつかに明し春雨の朝        月




     

     

 





コメント(55) 

電脳網千句第9 賦白何百韻 2折裏  2019.2.1~

bakedtomato.jpg


  田の神の坐(ましま)す水辺幤きよく   月
    笛に太鼓に歌ぞながるる       歳
  ねんごろなまうけ調ふおん館        
    雲のはたてに何ながむらむ      舎
  花かつみ旅の翁の道連れは        衣
    笈に檜の笠杖に矢立も        
  重き荷を背負ひて馬のつぶやかず     香
    風に尋ぬる天地の声         姫
  月うけて忘扇は文殿に          草
    長き学びの夫に秋寂ぶ        月
  大宮に霧たちこむる司召         歳
    いつか定めの船に乗らばや      風
  きのふよりけふみる花の色ふかし     舎
    小さきおよびの先の弥生野      衣      





 




コメント(64) 

電脳網千句第9  賦白何百韻 2折表  2019.2.1~ 

 kudara1.jpg

 

   戦慄きてあづま路くだる都びと       衣
     蛇(へみ)の出づるや於爾の現るゝや  梯
   岩かげに打ち捨てられし鈴ひとつ      香
     ひなの里みにかずら橋揺れ       姫
   山の音ふと止み髪のかぐはしき       草
     時雨の先に根の国の坂         月
   榾の火に語部もまたゆらぎけり       歳
     あやかしの子はあやかしとなる     風
   携へしふくべをみたす甘き酒        
     夢見心地のとろりとろりと       衣
   若草の薫るいのちに枕して         梯
     はや遠のきし雉子鳴く声          香
   逢ひがたき君の面影おぼろ月        姫
     佐保姫を描く筆の絵すがた       草    
    


コメント(47) 

電脳網千句第9 賦白何百韻 1折裏 2019.2.1~

  komainu1.jpg       

      書きぶりの美しき真名手習へる   千草
      いと賢しげに結ぶ口元       月
     陽は西に扇をかざす夏衣       歳
      銘をつけよとたまはりし鉢     風
     よろこぶもなげくもいつか時すぎて  舎
      松の千歳をよぎる花びら      衣
     入り江より眺むる富士の薄霞     舎
      暦めくりて新しき春        香
     触れ待ちて心なぎたる振りもせで   姫
      惜しくもあらぬ文殻の数      草
     おとなひし庵の主の臈長けて     月
      そのもてなしのまつむしのこゑ   歳
     ゆくりなく風にすすきの渦生(あ)れぬ  風
      平らな原に月のいざよひ       舎

     



 

コメント(56) 

電脳網千句第9 賦白何百韻  1折表 2019.2.1~

yukitsuririikugien.jpg


     雪吊や六義(むくさ)の苑の澪つくし   如月
     春立ちぬれどなほ年の内       楽歳
   曳かれゆく車はかろき音をもちて     梢風
     うたあはせとて身なり整へ       蘭舎
   畳なはる山を清めし初あらし        羽衣
     険しき径に谷紅葉追ふ         夢梯
   雲晴れて月をしるべに頼りたき       遊香
     ほとほとと戸を叩く旅人         朝姫
    


 



   











コメント(23) 

電脳千句第9のおしらせ

townlights.jpg


至急のお知らせ

 

過去8回の百韻発句の季と作者を調べました。

 

①秋 梢風

②春 蘭舎

③秋 楽歳

④春 楽歳

⑤夏 夢梯

⑥夏 羽衣

⑦秋 楽歳

⑧春 千草

 

3、春3、夏2

 

電脳千句第9はしばらく時間を置いて5月ごろスタートしようかなと考えていました。その場合、10巻のうち冬の発句を出すチャンスが失われる可能性が高くなります。考えを変えて、2月の立春前までに冬の発句で第9を始めたいと思います。

 

1月末締切でエントリーのご連絡をいただけると幸いです。そのさい、よろしければ冬の発句をお願いいたします。まだ発句をおよみでない方の優先です。

 

なお、電脳千句第8の手直しも1月末を目途にお願いします。

 

勧進元 楽歳

 

    ◇

 

 エントリーリスト

 

① 梢風

② 蘭舎

③ 羽衣

④ 如月

⑤ 夢梯

⑥ 遊香

⑦ 朝姫

⑧ 千草

 

 

 

 

 

 


コメント(11) 

電脳網千句第8  賦何垣百韻  4折裏  2018.1.7~2019.1.15

marrakechhotel.jpg

  
  ぜえぜえと荒るる喉を宥めつつ        姫
   遠く聞こゆる飴売りの声           香
  静けさのきはみの底の忘れ河        草
   伏せし想ひのときにせきあげ        月
  ながらへし者こそあはれ徒野に        梯
   すゞろに綴る方丈の日記           舎
  璞の言葉を磨く花の朝             風
   ひかり放ちてのぼる若鮎           衣      
   
 
    
  

 

 

 

 

 

 

    <<進行表はこちら>>

 

 

 


コメント(53) 

電脳網千句第8 賦何垣百韻 4折表    2018.1.7~

 cabbage.jpg

     古き壺ひとつ掘りあて抱きゆく      梯
      野には朝陽の静やかに射し      舎
     くたかけの声の力をうれしとも      風
      筆にこめたるたましひのいろ      衣
     海越えて流さるる今日濃き愁ひ     歳
      ゆるさぬことをゆるされてをり      姫
     冬枯れの枝を手折りて火にくぶる    香
      毛衣を縫ふ刀自が鄙歌         草
     山がつの垣訪ふものは風ばかり    月
      季の移ろひ空に問ひかけ        梯
     井に汲める若水に月鎮もりて       舎
      春の一字を掛けしやはらぎ       風
     あはれにもをかしき種を蒔くこゝろ    衣
      熊野烏の鳴かぬ日はなし        歳
       

  

 

 

  


 

 


    <<進行表はこちら>>

 

 

 


コメント(47) 

電脳網千句第8 賦何垣百韻 3折裏    2018.1.7~

bear2018.jpg


   防人は霞める空を仰ぎ見て        
    ふる里思ひ春の野に立つ        姫
   あふれ咲く花の枝より鳥の声       香
    つばいもちひの届くうららか       草
   朝市に積まれし絵皿いとゆかし      月
    目閉ぢ目を開け居眠れる猫       梯
   前うしろ山あるむらの冬ごもり       舎
    帰らざるもの雪のながめに        風
   うつくしきひと夜の月の物語        衣
    君待つ宿に萩は乱れて          歳
   文を書く手をとめて聞く虫の声       姫
    吊るし柿にも艶のありしや        香
   閼伽桶に汲みいれし水さらさらと  草
   御佛の顔あふぐ目出度さ     月

 


   



   
   


 

 








コメント(25) 
前の10件 | -